« 台湾の茶芸館② | Main | 台湾の茶芸館(番外編) »

February 09, 2005

山形のうまいもの②

山形のうまいもの②
・納豆汁
納豆汁は山形の郷土料理で冬の蛋白源補給の食べ物らしいです。
作り方がわからないため、スーパーにいた知らないおば様に
聞いて作り方をきいてみたのです。
要は味噌汁の芋がらと、山菜、きのこと豆腐を入れたものを作って、
最後に納豆をすりこぎでつぶして入れるというものらしいです。
なんとかそれらしいものができたのですが、
なにしろ初めて食べるものなので、果たしてそれが合ってるかはわかりません。
こういうとき地縁がないのは困るなあと思います。

・芋煮
牛肉醤油ベースの山形風と豚肉・味噌仕立ての宮城風というのがあります。
南東北の人は秋の季節になると、職場の人や子供会単位、学生ならばゼミ単位とか
そういう集団で河原に行って芋煮汁を作って食べる。そういうイベントがあります。
芋煮は地元の調味料や食材で作るとめちゃくちゃうまいです。

作り方
・サトイモは皮をむく。ねぎは斜め切り、こんにゃくは手でちぎる。
・牛肉・まいたけは食べやすいサイズに切る。
・鍋にサトイモとまいたけ意外の材料を入れて、水を入れて煮る。
・肉に火がとおったらまいたけとサトイモを入れる。
・酒、みりん、さとう、醤油を入れて味をつける。
・サトイモが煮えたら出来上がり。うどんを入れてもおいしい。
河原で作るので作り方も単純です。

これは山形市の馬見ヶ崎側の河岸で行われた
日本一の芋煮会フェスティバルの模様。
この大なべは直径が6メートルあって、芋煮用のパワーシャベルで
混ぜるんです。たしかに大なべで煮るから
おいしいにゃおいしいですけど。なにがなんでも大きくしなくても・・・
daiimoni
daiimoni2

|

« 台湾の茶芸館② | Main | 台湾の茶芸館(番外編) »

Comments

まゆぞうさん、コメントありがとうございました!
主婦で看護学生って聞いてすごい!って思います。
私の学校にも子供を保育園に預けてから実習に来ていた主婦も結構います。
みんな本当にすごいなーって感心しています。
看護の実習はこれからですか?
がんばってくだい!
生きることについて、死について、ものすごく深く考える機会をもらえるし、本当に今この瞬間を大切にしなくちゃと思えるようになりました!

私は山形生まれなので、この記事が気になりました。
芋煮は母がよく作ってくれます。
川原ではバーべキューじゃなくて、やっぱり芋煮です!

Posted by: アキミ | February 11, 2005 at 12:24 AM

国試が近いのに見ていただいてうれしいです。
実習は何回かやってきましたが,
3年生になったら本格的に実習漬けに
なりそうですね。がんばります。

やっぱり河原では芋煮ですよねえー
私も芋煮を知ってからはどこの地方に
引越しても秋はバーべキューと一緒に
やってます。

Posted by: まゆぞう | February 11, 2005 at 08:47 AM

はじめまして、30代サラリーマンのジャックと言います。
私も以前、山形市内に住んでいたことがあります。
懐かしいです。
新卒時の会社で、半年ほどしかいませんでしたが、山形で知り合った人たちはみんないい人。

また、遊びに来て見ますね。よろしくです!
私もブログやってますので、よろしかったら遊びに来てみてください。

Posted by: ジャック | February 14, 2005 at 12:08 AM

ジャックさんはじめまして。
コメントありがとうございます。
山形に半年すんでいたんですか。
私も実質すんで半年ぐらいです。
山形の人って本当に素朴でいい人ばかりですよね。本当に心が洗われます。

ジャックさんのブログも見させていただきました。奥様との愛ある生活が伺えますわ・・ふふ。

これからも時々うかがわせてください。
よろしくお願いいたします。


Posted by: まゆぞう | February 14, 2005 at 12:44 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78976/2857066

Listed below are links to weblogs that reference 山形のうまいもの②:

« 台湾の茶芸館② | Main | 台湾の茶芸館(番外編) »